放射性汚染について調べてみた

無力な専門外の博士として、放射線の影響について考察してみました。
私は博士(工学)の資格(?)を持っていますが、専門は材料物性ですし、
原子力の勉強はしていません。だから、私の立てた説の信用度は、
都市伝説(信じるか信じないかはあなた次第)と同程度です。

結論は、「成人は平気」です。

●被曝の種類について
被曝には2種類あって 短い時間での被曝と長い時間での被曝があります。
・短い時間での被曝→原発の作業員に関係します。原爆もそうです。
・長い時間での被曝→それ以外の人たちに関係します。
ここでは、福島原発から200〜250kn離れている東京に住んでいる人、
つまり後者を対象としています。

放射線は、被爆する時間が重要です。短い時間だと原爆と同じような
危険がありますが、時間が長ければ 人間の身体がもっている治癒能力
などもあり、危険が薄くなります。

例えば、
1日3gの塩分を取ることは問題ないですが
1日1kgの塩分を取ると人間は死にます。
感覚としては このような感じに近いものだと思います。
(ちなみに、人間の塩の致死量は お茶碗1杯です)

●被曝の基準について
日本は、かなり厳しい基準をとっていまして、
1年間に 1mSv(ミリシーベルト) までを基準としています。
諸外国と比較しますと1.5〜7mSvのところもありますので
多少大きくなっても 問題ないそうです。

●1mSvの危険性について
では、この値を超えたら危険なのかどうかですが、
1000mSvを超えた場合のデータがありました。

1000mSvを1年間に被曝すると

1万人あたり白血病の患者が3人増えます
1万人あたり乳がんの患者が7人増えます
1万人あたり甲状腺がんの患者が1.6人増えます
1万人あたり肺がんの患者が4人増えます
1万人あたり胃がんの患者が5人増えます
1万人あたり結腸がんの患者が2人増えます

だそうです。
http://ribf.riken.jp/~koji/jishin/zhen_zai.html
(これは、欧米人のデータらしいので、日本人の場合、多少変動するかもしれません。)

厚労省のデータによると、日本人は、3人に1人は癌で死にます。
つまり、1万人あたり3333人が癌で亡くなっているのです。
なので、東京で生活する場合、放射線の被曝を心配するより
生活習慣病の方を心配するほうがいいと思います(^_^;)

●水道水について考えてみました。
現在の基準ですと1リットルあたり300Bq(ベクレル)の基準です。
ベクレルをシーベルトに換算します。
概算として、
10000Bq = 0.22mSV の被曝として計算できるらしいです。
そこで、1リットルの水だと
300Bq = 0.007mSv
被爆量になります。ここから計算すると
1年間に約143リットルの水を飲むと 1mSvを超えてしまいます。
1日あたり、400cc(ペットボトル1本弱)までは、基準を超えても
飲めます。
発がんの危険性のある1000mSvまでならば、1日400リットル(バスタブ
2杯分)の水を飲むと危険です(ここまでは飲めません。。。)。

●食べ物については考えてみました。
1kgあたり2000Bqが国の基準です。
ということは シーベルトに換算すると
2000Bq = 0.044mSv
水道水の計算と同じ考え方をすれば、ふつうに洗って食べていれば
大丈夫だと思われます。

残留農薬食品添加物の方を心配したほうがよいかと思われます(^_^;)

学術的なデータではありませんが、このような記事がありました。
放射能汚染食品について – 素材・食材 – 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6604781.html
こちらのNo.6の書き込みは、広島の方が書いていまして
洗えば大丈夫とおっしゃっています。

●結論
成人については、問題ないと考えます。

●子どもについては?
チェルノブイリについて調べると、半径30km以内に住む15歳未満の子ども
については、甲状腺癌が発生し、6500人くらい亡くなっている記事を多く
見られます。
首都圏は離れているとはいえますが、子供に対しては、気をつけるように
したほうがいいと考えます。

週末、放射能汚染についてネット上だけですが調べてみました。
長期的な低量の放射線被曝については、事例がチェルノブイリのみなので
まだまだわからない部分が多いようです。
 日本は50-70年代の諸外国の核実験によって、かなり放射能汚染をして
いました。その頃と比較すると、現在の首都圏の放射能の危険性は、
少ないので、まだ安全だと考えます。今現在よりも放射能汚染していた
時代に僕が生まれたからです。ま、大丈夫でしょう(^_^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました