cpコマンドのおさらい(使うものだけ)

cp -p コピー元のファイルの所有者、グループ、パーミッション、タイムスタンプを保持する
cp -r ディレクトリを再帰的にコピーする。ディレクトリ以外のファイルはすべてファイルとしてコピー\
される
cp -f 強制的にコピー
cp -a target_dir copy_dir 応用:できる限りディレクトリ構造を保持したままコピーする

さらに 詳しい事は こちら 
Linux コマンドリファレンス

コメント

タイトルとURLをコピーしました