抽象クラスってなんだ?

調べてみた。

抽象(abstract)そのものの直截的な意味は、インスタンス化(具象化)をしない、という意味です。ただし、(privateコンストラクタで)インスタンス化を禁止するようなクラスと違い、抽象クラス自体はなんらかの具象クラスの抽象基底クラスとして、間接的にインスタンス化に寄与します。抽象基底クラスの使いどころは、ボトムアップ的な視点とトップダウン的な視点で説明できます。ボトムアップ的には、複数のクラスの共通処理をくくりだせます。トップダウン的には、いわゆるテンプレートメソッドパターン的に、処理の枠組や変わらない処理のみを抽象基底クラスにまとめ、具象な処理、固有な処理、変わりやすい処理を下位クラスに追い出せます。

抽象クラスとは?、と聞かれた時の対応 — ありえるえりあ

すごく参考になるけど 軽いjava自慢にはdisりそうになるw。
言語の特徴と差異についての議論は楽しいけど、優劣論に意味はない。
ご飯とパン どっちが美味しいかなんてナンセンスなのと同じ。和食にはご飯があうし、洋食にはパンがあう。
状況と目的と手段が理解出来ない人に良いコードが書けるかっての。まぁ書けちゃう人がいるから、さらにややこしいんだけどね(^^ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました